メニュー

事業承継 - みそうパートナーズ

東京オフィスに電話 大阪オフィスに電話 お問い合わせはこちら

東京オフィス Tel:03–6280-2860

大阪オフォス Tel:06-6228-0670

お問い合わせはこちら

サービス案内

事業承継

事業承継を円滑に行うためには、後継者に経営を移譲するまで、じっくりと時間をかけて計画的に進めていく必要があります。後継者を中心とした経営体制にどのように移行させていくのか、後継者への株式承継をどのように進めていくのかなど、事業承継に関する経営課題は多岐に亘ります。事業承継のプラン作りから、課題解決のための対応策を含めた事業承継計画の策定、実行フェーズにおけるフォローまでご支援いたします。

サービス概要

事業環境・経営資源の分析を通じた正確な現状把握

事業承継を計画的に進めていくためには、会社を取り巻く経営環境や将来の事業性、株主や従業員の状況、財務状況を正確に把握した上で、今後の事業承継の方針を決定していく必要があります。
将来の様々な経営リスクへの対応も含めて、後継者へのバトンタッチを検討していく必要があります。

事業環境・経営資源の分析を通じた正確な現状把握

事業承継プランの立案

現状を正確に把握した上で、現経営陣が将来的に経営を誰に承継させるのか、承継の方法をどうするのかを具体的に検討します。
最適な後継者が親族や役員、従業員の中に必ずしもいない場合もあり、その場合には経営者を外部から招聘することや、他社へのM&Aによる経営承継の可能性についても検討していく必要があります。
様々な選択肢の中から、事業承継をどのように進めていくことが適当なのかの検討を支援いたします。

事業承継プランの立案

事業承継計画の策定

立案した事業承継プランを実行していくにあたっては、様々な課題が生じることが想定されます。これらの課題を整理し、その対応策を検討した上で、施策の実行に要する時間も含め具体的なスケジュールに落とし込む必要があります。
後継者の経営方針を反映させた中長期の経営計画を策定する中で、事業承継実行スケジュールも含めた事業承継計画の策定を支援いたします。
また、策定した事業承継計画を株主や従業員、その他利害関係者への説明にも用いることで、事業承継を円滑に進めていくための関係者調整にも活用できます。

事業承継計画の策定

事業承継の計画的実行

計画を策定しただけで、その実行がなされなければ意味がありません。私どもは、現経営陣が後継者へバトンタッチするまで、掲げた計画を着実に実行していく一連のプロセスをサポートしながら、事業承継が円滑に進むための継続的な支援を実施いたします。

事業承継の計画的実行

 

サービスの一般的な流れ

※横スクロールでご覧いただけます。

サービスの一般的なステップ

実施内容
  • 会社を取り巻く状況の正確な把握
  • 経営資源の状況、経営リスクの分析を踏まえた現状整理
  • 後継者の検討
  • 事業承継方法の検討
  • 事業承継方針を盛り込んだ経営計画の策定
  • 課題対応策の計画的実行
経営資源
  • 経営理念、経営方針
  • 株主、役員、従業員の状況
  • 資産、負債の状況
  • 損益・キャッシュフローの状況
  • 経営者の所有資産及び負債の状況
  • 後継者候補の状況

後継者の検討

  • 親族内や社内に後継者として、適任者がいるか
  • 後継者育成にどのぐらいの時間が必要か
  • 経営理念を引き継げる人材がいるか

事業承継の方法

  • 親族内承継
  • 役員、従業員や外部招聘
  • M&A

 

  • 株主間で権利移管に障害はないか
  • 取引金融機関の理解が得られるか
  • 従業員からの信任を得られるか

中長期の経営計画

中長期的な観点から今後の事業環境を見据えた経営計画を策定

  • 中期経営ビジョン
  • 損益計画
  • 資金計画(投資計画、債務返済計画)

事業承継計画

事業承継に向けた具体的な対応策の取りまとめ

  • 事業承継の課題解決の方策
    →人材育成計画(後継者育成)
    →株式承継計画(既存株主からの株式の承継)
  • 税務対策
  • 経営計画の進捗管理
  • アクションプランの実行
  • 人材育成の実行
  • 計画実行過程で発生する課題の把握・追加施策の検討
経営リスク
  • 関連マーケットの動向、競合他社との競争環境
  • 借入、担保、債務保証の状況
  • 相続発生時に予想される課題